夏目雅浩の英語筋肉を鍛える学習法で短期間で英語力アップ

  • 2010/11/04(木) 00:23:11

>>英語習得=筋肉運動の理由はココ



中学、高校、大学と10年間英語を勉強しても、
結局英語を話せるようにならない空しさ・・・ヾ(;´▽`A``

そんなある時、大学の授業で、英語を聴き取り把握する
一つのテクニックを教わったのです。
シンプルなトレーニングでした。
それは、中学でも、高校でも出来ることです(^-^*)(。。*)ウンウン



ところが、9年間も英語を勉強してきて、
そんなことは一度も試したことはありませんでした(-ロ-)ギョッ!

あの時得た感覚は本当に貴重でした。
生きた英語がそんなところにあったのか
!と言った感覚です。

その時は、そのトレーニングを上手く出来ませんでしたが(^。^;;
英語を初めて言葉として実感出来た
のですd=(^o^)=b



と、衝撃を受けた時のお話をされてるのは、
たったの28日で英検準1級を取得!
TOEICでは特に用意もなく920点!と脅威のスピードで実現した

[マッスル・イングリッシュ・プログラム]の開発者で
【オラクル英語研究所】運営の“夏目雅浩”氏 です。



⇒英語筋肉で英語を話す方法解説






そこで、一つの仮説を立てたのです。
「英語習得」=「筋肉運動の習得」です。

その仮説に基づき、試行錯誤しながら、さらなる仮説と検証を行い、
自分にいろいろなエクササイズを課しました・・・Σ(´□` )



語学習得だけではなく、筋肉に関する書籍も読み漁りました。
そして、わかったのです (^_−)−☆

それまでやって来た勉強は、例えばサッカーで考えると、
実際のサッカー(試合)をする場合、
まずは、ドリブルの練習をしなければいけないのに、
腕立て伏せの練習をしているようなものなのです(+。+)アチャー。

どおりで、英語の勉強が不自然で、つまらない訳です(>_<")
サッカーをしたいのに、腕立て伏せをしているわけですから。




そこで、喋り出すためのあるテクニックがあることは
徐々にわかってきたのですが、そうは上手くいきません。

何度もさじを投げそうになりながら、ある深夜、
わたしは不思議なことに気付いたのです(◎-◎;)ドキッ!!

英語の「筋肉」を鍛えるのだから、勉強をするようにやっては
いけないのか!?「筋肉」を鍛えるようにすればいいのか!?



これはまさに子供が言葉を覚えるのを、
非常に短期間に達成してしまうトレーニングだっのですd=(^o^)=b



⇒短期間で達成英語筋肉をつける方法








夏目雅浩の英語筋肉を鍛える学習法で短期間で英語力アップについての口コミと評判のサイトです。






マッスルイングリッシュプログラムで英語脳と英語筋肉をつける方法

横田力 リスニングパワーTOEIC 口コミ 内容

右脳 学習法と資格試験の勉強法 評判 掲示板